16500円どころの抵抗線でピッタリ止まった東京市場

スポンサードリンク
2007年08月28日

16500円どころの抵抗線でピッタリ止まった東京市場


スポンサードリンク

8月27日の東京株式市場は内閣改造を前にして、先週末のニューヨーク株式市場が堅調だったことで
寄付きこそ170円以上高く、一時16500円を回復する場面もありもありましたが、
大引けでは、内閣改造の中身を見極めたい思惑が強く、結局52円ほど高く引けました。

内閣改造は、気になるものの、やはりテクニカル的な節目の16500円付近は売り物が多く、
予想どおり一気に抜けていくには力不足の感が否めませんでした。

ここからのもう一段高は、28日以降に期待されるところです。

もし、16500円で弾かれた時には、どの程度の深さで下押しするかを見極めてから
対応しましょう。

それでは、上昇波動に乗っている銘柄です。
上げてしまった銘柄は追わず、押し目からの上昇タイミングを分析して、対応してください。1943大明 1964中外炉 2753あみや 

2792ハニーズ 2811カゴメ 3774インターネットイニシア 

4098チタン工 4661オリエンタルランド 5938住生活 

6901沢藤電 7537丸文 8742小林洋 

8981ジャパンホテル 9070トナミ 9232パスコ 

9531東京ガス 9613NTTデータ 6706空港ビル


ひらめきrankingから特別注目銘柄を探すひらめき


ファンダメンタル分析は、各個人で調べ、
テクニカル等の売買タイミングもしっかり分析して頂きますと最大限有益な情報となるかと思います。

短期の調整を終了し、非常に「煮詰まり感がある」銘柄です。
この、銘柄を参考に、投資・売買することは否定しませんが自己責任でお願いします。

利益を保証するものではありません。

上がってしまった銘柄は追わず、押し目からタイミングを計って出動するようにしましょう。

posted by 株式投資日記 at 21:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/53065170
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。