需給が好転せず好材料にも反応せず!

スポンサードリンク
2007年09月10日

需給が好転せず好材料にも反応せず!


スポンサードリンク

先週末の東京株式市場は、7月の景気動向指数(速報)が発表されました。

景気の現状を示す一致指数は66.7%と景気判断の分かれ目となる50%を
4カ月連続で上回ったにも係わらず反応しませんでした。

外国証券経由の売買注文は、朝方から売り越し、海外勢の主力株売りも出るなど、
海外での損を日本株売りで補填している動きが顕著です。

注目銘柄です。


1762高松建設 2109三井製糖 4523エーザイ 

4569キョーリン 4848フルキャスト 5017AOC 
5334特殊陶 5714DOW 6517デンヨー

6794フォスター 6810日立マク 6849光電工 

7248カルソニック 7517黒田電気 7558トーメンエレク 

9231国際航業

ひらめきrankingから特別注目銘柄を探すひらめき

(ニューヨーク大幅安につき売り先行が予想されます)


この、銘柄を参考に、売買・投資することは否定しませんが、自己責任でお願いします。

利益を保証するものではありません。

上がってしまった銘柄は追わず、
押し目からタイミングを計って出動するようにしましょう。


posted by 株式投資日記 at 08:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。