株式投資日記

2007年09月27日

一旦頭を押さえられるメド!底値からの切り替えしで...

ゴールデンクロスが示現する個別銘柄が目立つようになってきました。
先行で上昇していた銘柄群の中には、新高値を更新している銘柄も散見されます。

今日は、上昇し始めた銘柄が一旦頭を押さえられるポイントがあります。

そこを押えておくと貴方の投資効率は最高となります。
なぜならば、一旦上昇にお休みを入れるポイントで持ち続けるのではなく、
利食って次の上昇波動にのるまでの間他の銘柄で勝負できるからです。

そのポイントとは、以前の調整局面で下げてくる途中に踊り場を作った株価水準
(横這い揉み合っていたポイント)のところで止まります。
この性質を利用しましょう。

注目銘柄です!続きを読む
posted by 株式投資日記 at 11:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資日記
2007年09月26日

原油・非鉄・レアメタル等の商品市況には注意!

原油を始め、非鉄などの資源が再び高騰しています。

国際商品市況に、比例して個別銘柄は上昇することは、あなたも理解しているとおもいます。

一時騒がれた、新興国のBRICS諸国だけでなく、東南アジアなどそれに続く
新たな国々の経済発展も顕著になってきています。
当然、それらの国々の発展にともない、資源が希少価値で相対的に高騰することは今後も避けることはできないでしょう。

だとすれば、この資源株に注目することは貴方の投資戦略の一つにいれておくと
効率よく稼ぐことができるといえるでしょう。

注目銘柄です続きを読む
posted by 株式投資日記 at 11:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資日記
2007年09月25日

サブプライム問題が外人投資家の金融株売り誘い反落!

先週末の9月21日の東京株式市場は、前々日からの大幅高もあり一服感が漂う中、
やはり長期的に相場の足をひっぱりそうな、アメリカのサブプライム問題が
外人投資家の金融株売りを誘い、100円以上安くひけました。

今週こそは、9月3日の戻り高値16576円をクリアーして
中期上昇波動の流れを確実なものにしたいところです。

そこをクリアーできないと、またぞろテクニカル的には大凶の目がでることになります。

ここは、一気に抜けてほしいところですね!


それでは、今日の注目銘柄です。続きを読む
posted by 株式投資日記 at 22:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資日記
2007年09月20日

米FOMC 政策金利を0.5%引き下げ!株式市場は大歓迎

米FOMCが政策金利を予想の上限である0.5%の大幅引き下げを決定しました。

これを受けて、前日のニューヨーク株式市場は急反発しています。

その流れを受け継いだ東京株式市場も日経平均ベースで約580円の大幅高でひけました。

テクニカル的にも下値きり下げとなるか、それとも戻り高値の更新となるが問われる水準だった
日経平均でしたが、再び、9月2日のザラバ高値16576円への挑戦権を与えられた格好です。

注目銘柄です。続きを読む
posted by 株式投資日記 at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資日記
2007年09月19日

英金融機関の不安説台頭で、日経平均の戻り高値更新が遠のく!

週末には、9月2日の戻り高値のクリアーを期待された東京株式市場ですが、
米国のサブプライムローンの焦げ付き問題が、フランスに続いて、
今度はイギリスに飛び火したことと、今後の当局の対応を見守りたいとの思惑から、
外国人中心に売り込まれました。

特に金融機関の下げが顕著で下げの先導役といなっていることは、
この問題の深さを物語っています。

日銀の金融政策決定会合は、金利引き上げを見送り。

FOMCは、0.25%又は0.5%の引き下げが予測されていますが、
基本的には、今回の英銀行ノーザン・ロックやフランスのパリバを後追いする
金融機関が出現するのではないかという思惑は当分の間続きそうです。続きを読む
posted by 株式投資日記 at 11:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資日記
2007年09月18日

9月3日の戻り高値を更新できるか!

先週末の(連休前の)東京株式市場は、ニューヨーク市場が堅調なことと、
為替が115円台後半になった事から、買い安心感が広がり、300円以上の大幅高で引けました。

今週の18日から開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)で
利下げ幅が0.25%か0.5%となるかに市場の関心が集まっています。

一部のでは、9月3日の戻り高値を更新してきている個別銘柄も散見されるようになってきました

今週は、日経平均ベースで16576円をクリアーしてくるか上昇トレンドを確認する上で重要です。

注目銘柄です。
続きを読む
posted by 株式投資日記 at 22:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資日記
2007年09月14日

過去最高値を更新!原油価格が一時1バレル80ドル台乗せ!

安倍首相辞任で衝撃が走った日本列島でしたが、冷静に考えて見れば、
来るべきものが来たということに尽きます。

株式市場は、そこのところを的確にとらえる動きをしていた訳で、
さすがは衆目の意見が集約される場所です。

今後は、早くも次期総裁が誰になるかという政局がらみの相場展開と同時に、
原油価格が一時1バレル80ドル台に乗せて、過去最高値を更新したことから
世界経済に与える影響が気になります。

そして、サブプライム問題への対応を米FOMCがどのような判断を示すかと、
様々な問題が入り混じりながら相場に形成がなされていくでしょう。

今日以降、大幅反発ならば目先陽転です。続きを読む
posted by 株式投資日記 at 09:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資日記
2007年09月13日

安倍首相辞任で株式市場への影響は!列島に衝撃走る!

あなたも大変驚かれたことと思いますが、12日午後1時頃
安倍首相の辞任の一報が伝えられた瞬間、株式市場は一瞬上げました。

その後は値をじりじり下げ、最終的には日経平均ベースで80円安で引けました。

今後は、新首相への期待から買われるか?それとも政局の混乱を嫌気して更に下げ続けるか、

貴方はどう思いますか?

とかく、相場が調整局面では、不思議なことに、このような大きな与件の変化があるものです。

2番底を確認できれば、たとえ悪材料が示現しても、相場はあく抜けで上がるものです。


注目銘柄です。続きを読む
posted by 株式投資日記 at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資日記
2007年09月12日

機械受注が前月比プラス17%と市場予想を大幅に上回る!!景気の目安!

9月10日はGDP改定値が大幅下方修正、反対に9月11日は、
機械受注が前月比プラス17%と市場予想を大幅に上回る内容で、
景気の判断が非常に難しい局面となっています。

9月11日の東京株式市場は、前日350円以上も安くなった反動もありましたが、
一応機械受注の好材料を素直に反映して112円高でひけました。

しかし、テクニカル的には、長期、中期分析は陰転中で2番底確認はできていません。

本日の日経平均終値ベースで、16005円以上で引ければ、中期は陽転しますが、
やはり長期は陽転できないことから、もう一押しが予想される場面です。

注目銘柄です。続きを読む
posted by 株式投資日記 at 08:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資日記
2007年09月11日

為替は一時112円台半ば、GDP改定値も想定を下回る

9月10日の東京株式市場は、先週、私が懸念していた方の目がでてしまいました。

9月5日のザラバ高値が、3日の高値16576円を抜けなかったことから、
日足ではダブルトップ形成となり、本日8月29日のザラバ安値15830円も寄付きから
あっさり割り込んでしまいました。

米サブプライム問題(円高)、GDP改定値も下方修正です。

日本国内の景気減速懸念も追い討ちをかけていることから、
今後は、8月17日の安値15262円を試しにいく展開になることも念頭においておきましょう。


注目銘柄です。
続きを読む
posted by 株式投資日記 at 08:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資日記
2007年09月10日

需給が好転せず好材料にも反応せず!

先週末の東京株式市場は、7月の景気動向指数(速報)が発表されました。

景気の現状を示す一致指数は66.7%と景気判断の分かれ目となる50%を
4カ月連続で上回ったにも係わらず反応しませんでした。

外国証券経由の売買注文は、朝方から売り越し、海外勢の主力株売りも出るなど、
海外での損を日本株売りで補填している動きが顕著です。

注目銘柄です。


1762高松建設 2109三井製糖 4523エーザイ 

4569キョーリン 4848フルキャスト 5017AOC 
続きを読む
posted by 株式投資日記 at 08:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資日記
2007年09月07日

日経平均は一日で417円幅の乱高下!売り買い交錯

9月5日のNY株式市場が大幅安を演じただけに、
その流れを引き継いで一時300円以上も安くなる場面がありました。

その後、大引けにかけて鉄鋼、石油株に買い物が入ったことで、
場味が好転し引けてみれば、98円高のプラスで引けました。

この日特筆すべき点は、8月29日のザラバ安値15830円を割らなかったことです。

後場の切り返しを勘案しますと、ニューヨーク株式市場の動きにも影響されるとは思いますが、
この流れをテクニカル的に見れば、今度は9月3日の16576円を越えてくるかが注目されます。

これを超えてきませんと、今度はダブルトップ形成となり、最悪なパターンとなります。

要注意ですね!続きを読む
posted by 株式投資日記 at 11:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資日記
2007年09月06日

トヨタが販売台数で世界一になることがほぼ確実

9月5日の東京株式市場は、前日のニューヨーク高を好感して、
寄付きは日経平均ベースで16500円を超える場面もありましたが、
その後、だらだらと下げ続け、終わってみれば262円安となんとも後味の悪い内容でした。

テクニカル的には、それでもまだ陰転はしていませんが、
8月29日のザラバ安値15830円を意識しないわけにはいきません。

5日の陰線で丁度下値抵抗線で止まっている形なので、
本日の相場で抵抗線を切ってくれば、二番底確認に動いてくることになります。

売り方はチャンス!逆の目もまだ残っています。

注目銘柄です。続きを読む
posted by 株式投資日記 at 17:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資日記
2007年09月05日

反騰体制を作れるか!テクニカルでは、本日が注目転換日!

9月4日の東京株式市場は、前日のニューヨーク株式市場がレイバーデイで休場だったことから
、新値取りを期待する向きもありましたが、鬼のいぬ間の洗濯とは行かなかったようです。

それにしても我が東京株式市場は、アメリカの動きに忠実というか、政治とともに経済よお前もか、
と言いたくなります。

そんなことは分りきった事ですが、アメリカの属州にはなりたくないものです。

このままですと、中国上海にアジアの中心を持っていかれる日も近いのではないでしょうか!

注目銘柄です。続きを読む
posted by 株式投資日記 at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資日記
2007年09月04日

法人企業統計が弱めの数字を嫌気し、反落も上昇トレンドは変化なし

先週末のニューヨーク株式市場が大幅高であったにも係わらず、
法人企業統計が弱含みの結果だったのを嫌気した売り物が朝方から相場を押し下げました。

と、表面的にはこのような理由付けとなっていますが、
29日のザラバ安値から740円近くも上げた反動という見方もできます。

このへんで一旦休憩があってもおかしくない水準ですが、
できればもう少し上げてからの押し目がほしいところです。

注目銘柄です
続きを読む
posted by 株式投資日記 at 21:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資日記
2007年09月03日

25日移動平均線を上回ってきました。第二関門通過!

31日の東京株式市場は日経平均ベースで400円を越す大幅高。

前日のニューヨーク株式市場が堅調だったこと、為替が落ち着いてきたことを好感した動きでした。

そして、何よりも市場に安心感を与えたのは、本当に久方ぶりに寄付き前の
外国証券経由の売買注文動向が買い越しになったことす。

それを物語るかのように、寄付きから一気に高値抵抗線を抜けて寄付き、
その勢いをかって、25日移動平均線までも突破して引けたことです。

これで、買い方は安心して出動できそうです。


今日の注目銘柄です。続きを読む
posted by 株式投資日記 at 21:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資日記
2007年08月31日

日経平均は高値抵抗ラインを抜けず!

米国FRBがサブプライム問題に柔軟な姿勢を示す姿勢を崩していないことから、
8月29日のニューヨーク株式市場は、前日の今年5番目の大幅安から一転247ドル以上高い大幅高と
乱高下の状態です。

これにつれて為替も113円から117円を行ったり来たりと方向感が定まらず、
投資環境は与件が確定するまでは、一喜一憂の展開が続きそうです。

しかし、8月30日も日経平均は上値抵抗ラインを抜けずに下降線に沿って上値を切り下げております。

ここを抜けてくれば、晴々と買える段階となります。


注目銘柄です。続きを読む
posted by 株式投資日記 at 13:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資日記
2007年08月30日

東京市場 再びNYのサブプライム問題浮上も比較的冷静な値動き

昨日のニューヨーク株式市場で、再びサブプライムローン問題が浮上しました。

今年5番目の下げを記録したのを受けて始まった8月29日の東京株式市場でしたが、
一時400円以上売り込まれる場面もありましたが、下値はきっちり拾う動きも見られ、
打たれ強さが感じられる内容でした。

むしろ、サブプライム問題が浮上するたびに気になるのは、円高の進行で、
ニューヨーク株式市場が下げるに比例して円高進行という構図がみられますことは
注意を要する点です。

特に、輸出企業の為替の業績算定基準は、平均で115円どころでこれ以上円高が進行すると、
為替差損による下方修正が相次ぐことが想定されます。


注目銘柄です。続きを読む
posted by 株式投資日記 at 11:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資日記
2007年08月29日

115円台半ばの円高嫌気も、下値に押し目買いで底堅い動き

8月28日の東京株式市場は、為替が115円台半ばまで進行したことを嫌気して、
日経平均ベースで100円以上安くなる場面もありましたが、大きく売り込む筋もなく、
下値をしっかりと拾う買い物が入り、結局14円弱の小幅安でひけました。

しかしながら、16500円を前日抜けなかったことで、上値を買う勢いもなく、
海外勢の買い攻勢待といったところです。

まだ、下値不安は残っていますので、買い方は反転確認後からの出動と考えておきましょう。


それでは、注目銘柄です。
続きを読む
posted by 株式投資日記 at 22:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資日記
2007年08月28日

16500円どころの抵抗線でピッタリ止まった東京市場

8月27日の東京株式市場は内閣改造を前にして、先週末のニューヨーク株式市場が堅調だったことで
寄付きこそ170円以上高く、一時16500円を回復する場面もありもありましたが、
大引けでは、内閣改造の中身を見極めたい思惑が強く、結局52円ほど高く引けました。

内閣改造は、気になるものの、やはりテクニカル的な節目の16500円付近は売り物が多く、
予想どおり一気に抜けていくには力不足の感が否めませんでした。

ここからのもう一段高は、28日以降に期待されるところです。

もし、16500円で弾かれた時には、どの程度の深さで下押しするかを見極めてから
対応しましょう。

それでは、上昇波動に乗っている銘柄です。
上げてしまった銘柄は追わず、押し目からの上昇タイミングを分析して、対応してください。続きを読む
posted by 株式投資日記 at 21:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。